×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シルバーの城郭城址の散歩道「大垣城周辺の城址」(揖斐郡大野町)の城址を収録しました。


大垣城周辺の城址06

城郭・城址の散歩道(目次)へ

大垣城周辺の城址08

 

揖斐郡大野町

町内の11箇所の城址を紹介します。

大野町

79.上ノ城(大野町大野字古城)、80.徳永氏下ノ城(大野町大野)、
81.中之元城(大野町中之元)、82.相羽城(大野町相羽字村通)、
83.
西尾氏五之里
(大野町五之里)、84.徳永氏五之里(大野町五之里)、
84-1.円妙寺(大野町五之里)、
85.
月真寺(大野町公郷)86.大御(オオミ)堂城(大野町公郷)、
86-1.
鳥本家住宅(大野町公郷)、86-2.間違われやすい若宮神社(大野町公郷)、
87.
野村藩邸跡
(大野町野)、87.-1移築野村陣屋総門(大野町野)、
87-2.乾屋敷古墳(大野町野)、87-3.八幡神社(大野町野)、
88.
織田河内守邸
((大野町野)、88-1.野古墳群(大野町野)、
88-2.牧村家住宅
(大野町野)、89.牛洞陣屋(大野町牛洞)、
89-1.牛洞陣屋移築門(大野町稲富)、

 

79.ノ城

岐阜県揖斐郡大野町大野字古城

79.上ノ城址
揖斐郡大野町に古城という字がありこの付近と思われる。
古城には「古城北町」という団地があり、その北辺りに天満神社があり、
その横が広大な竹藪のまま残されており、ここ辺りが城址と思われる。

79.上ノ城址
は県道265号の「稲富出屋敷」信号を北へ650m程の交差点を南へ曲がり
350m程の東側に「天満神社」があり、そのあたりが城址と思われます。

大野町古城
地名からして付近に城があった場所に思われます。
此の案内図の古城北町は新興住宅地に変貌していて「新しく来たので分からない」の回答ばかりでした。
古城北町以外の古城で尋ねましたが「そんな城があったことも知らない」でした。
住宅地の横に「天満神社」があり、神社の横に広大な藪が手つかずのままでした。
此処が「上ノ城址」ではないかと考えられます。

 

80.徳永氏下ノ城

岐阜県揖斐郡大野町大野  海抜 33m

北緯

35

28

10.

東経

136

38

23.

徳永氏下ノ城址(大野保育園)
周囲の濠跡は鉄板で塞いでありますが、道路反対側の側溝とは違い幅が広く堀址と思われます。

徳永氏下ノ城址
揖斐郡大野町字大野地内の「大野保育園」が城址と思われます。
国道303号「黒野」信号を北上し

住宅地図からかっての濠跡らしきものを再現

保育園の周囲を廻り住宅地図に現れてない水路を見つけました。

徳永氏下ノ城
資料に関して殆ど入手出来ない城の一つです。
大野町内で城址らしい箇所を探しました、
@大野小学校、               
A新興住宅地でなく道の狭い旧住宅地、
B寺・公共施設・八幡神             
などと地元の旧家の訪ねてましたが「そんな城 聞いたこと無い」「知らない」でした。

唯一、屋敷内に「大野町史跡 高札場」の標識のある家を発見しました。

広い屋敷に立派な門
訪れて「上ノ城・徳永氏下ノ城」について尋ねましたが、
「最近主人を亡くしまして、私は知りません」と言われお悔やみを申し上げ退出しました。

 

81.中之元城址

岐阜県揖斐郡大野町中之元997−4 
 海抜 31m

北緯

35

27

53.

東経

136

36

54.

中之元城址
「徳林寺」へお邪魔して三浦住職にお話を頂きましたが
お寺の由来は「古田織部」に由来し寺の山号が古田山徳林寺」など
は明解でしたが、城址についてはこの寺の付近との事でした。
「シルバーの散歩道」的には水路の形状からして赤点線の枠かな?
「シルバーの散歩道」のつぶやき

徳林寺が「中之元城址」と言われていますが城址碑も何もありません。

城の遺構らしきものは見当たりません。

 

82.相羽城址

岐阜県揖斐郡大野町相羽字村通  海抜 23m

北緯

35

27

08.

東経

136

38

20.

相羽城址
天文16年(1547)の相羽合戦の舞台です。
城主 長屋景興は斉藤道三と戦って滅ぼされました。
小高い城址と堀の一部が残っています。
(大野町教育委員会発行「文化財おおの」から)

城址は八幡神社
 近鉄相羽駅西側、線路沿いに八幡神社がありこの境内が相羽城本の丸跡です。
 城の遺構は何も残っていないが、周囲に比べて、神社境内は一段高くなっていて、
神社本殿前に「相羽城址」の石碑が建てられています。
 資料に拠れば、神社東北の池付近から当時用いられていた柱や梁の木材が発掘されたといわれています。

相羽城址
国道303号「大野東保育園東」信号から西へ350m「八幡神社」が城址です。

八幡神社が城址と言われています。

「大野町史蹟 相羽城址」碑があるのみで遺構らしきものは見られません。

相羽城の歴史
 鎌倉時代初期に土岐光俊によって築かれたと云われて、一時廃城となっていたが、
天文初期に長屋景興が不破郡垂井よりこの城に移り、美濃守護土岐頼芸に属した。
 天文16年、守護代斎藤家を乗っ取った斎藤道三は、守護土岐頼芸の大桑城を攻め、
この時長屋景興の守る相羽城も道三に攻められ落城した。
(現地説明板より)

 

83.西尾氏五之里

岐阜県揖斐郡大野町五之里  海抜 17m

北緯

35

24

47.

東経

136

37

24.

西尾氏五之里址と長屋門
大野町大字五之里の北の方にある空家が「西尾氏五之里址」です
大野市史跡に指定されている「長屋門」も朽ち果てています。

探し方
県道92でも県道159でも信号「五之里南屋敷」見つけて跡は探す
「五之里公民館」か「妙円寺」を探せば簡単

長屋門があり「西尾氏五之里」
「長屋門」
側面には「五ノ里 加納庄一郎」

大野町教育委員会「長屋門」
屋根は波うち、瓦は一部抜け落ち、
碑の裏には「文化財を大切にしましょう」の文字が泣いています。

 

84.徳永氏五之里

岐阜県揖斐郡大野町五之里  海抜 20m

北緯

35

26

13.

東経

136

37

25.

徳永氏五之里址
妙円寺山門南にある「五之里公民館」が「徳永氏五之里址」です。
説明板も碑もありません。
裏の「妙円寺」をお尋ねして住職にお話を伺っていたところ、奥から
大住職が出て来られて「西尾氏五之里」「徳永氏五之里」について
詳しくお話を頂きました。
(シルバーの散歩道)

探し方
県道92でも県道159でも信号「五之里南屋敷」見つけて跡は探す
「五之里公民館」か「妙円寺」を探せば簡単

「徳永氏五之里址」
妙円寺大住職によると五之里公民館が「徳永氏五之里址」だそうです。
現在も「徳永氏一族」の位牌をお祀りしているそうです。
(シルバーの散歩道)

 

84-1. 妙円寺

探し方
県道92でも県道159でも信号「五之里南屋敷」見つけて跡は探す
この地図で探してください。

青木大住職
「西尾氏・徳永氏の一族は今は東京にお住まいだそうです。」

大御堂城の規模は大きく「月真寺」の西から「八幡神社」までの
広い地域を占めていたようですので両地を「大御堂城址」としました。

85.月真禅寺
(大御堂城址・沓井=加藤陣屋移築門
竹中重元の墓・加藤平内の墓)

岐阜県揖斐郡大野町公郷

北緯

35

27

05.5

東経

136

36

23.7